ペーパーウエイト アイ

ペーパーウエイト アイ 1 (コミックフラッパー)
ペーパーウエイト アイ 1 (コミックフラッパー)

ペーパーウエイト アイ 2 (コミックフラッパー)
ペーパーウエイト アイ 2 (コミックフラッパー)

沼、暗闇、夜の森」が気に入ったので、同じ漫画家の作品。
ただし原作が別の方なので、物語の印象はまったく別。
2巻で完結のため後半かなりの急展開で話が進み、登場人物の心情もブレまくりの印象。
キャラクターが魅力的なだけに、個々の主張が二転三転するのはいただけない。
欲を言えばもう一巻増やし、もっと心理描写を掘りさげて欲しかった。
それでもどんどん読ませる勢いがあるのは、やはりこの方のイラストのもつ華やかさにあるような気がする。

「人形が自分の意志で動く」というのは、創作をする人なら一度は考えたことのある世界観だと思う。
手ずから生みだしたものが自らの意志で動き、語るとき。
向けられるのは感謝の言葉か、憎悪の呪いか。
はたして。

もう卵は殺さない

もう卵は殺さない (マーガレットコミックスDIGITAL)
もう卵は殺さない (マーガレットコミックスDIGITAL)

タイトルと表紙の絵柄で購入。
ファンタジーやSF的な要素も含んだ少女漫画で、いろんな傾向の作品が一気に読めるのは良いかも。
白泉社で描いていても相性が良さそう。
でもどちらかというと少女漫画成分が強いので、やっぱりマーガレットなのかなあ。

表題作の『もう卵は殺さない』は、ものすごいどろどろの愛憎漫画かなにかと思ったら、そんなことはなく。
創作をする人と、生みだした物語の主人公それぞれの側面を描いたおはなしでした。
「自分のための創作」と「売るための商業作品」の葛藤みたいな要素を多分に含んでいて、創作をしているひとなら共感しやすいかも。

kindle本的な評価では、『移動』機能が設定されていなかったのが残念。
短編集なので、タイトルごとに一気に飛べるようにしておいて欲しかった。
後日にでもアップデートされると良いのだけど。

沼、暗闇、夜の森

沼、暗闇、夜の森 (百合姫コミックス)
沼、暗闇、夜の森 (百合姫コミックス)

少し前から、自分の感性に合う『百合』を探している。
しかし最初から両想いとか、幸せが約束されているような作品はどうも、好きではなく。
自分の期待する水準の作品というのは、そう多くない。

その点、この方の作品集は毒や棘も多分に含んでおり、今までに読んだなかでも特に自分好みだった。
「沼、暗闇、夜の森」に収録されている『魔少女』がお気に入り。
『下着通り』は、タイトル通り下着で通らなければならない道を通ろうとする百合カップルの話で、バカバカしいやりとりが面白い。
「パイを~」収録の作品も粒ぞろいだけれど、個人的には『スワコさんと宇宙旅行』のスワコさんという存在がとても印象的だった。

あと、この方の絵柄が凄くすき。
決して流行りの絵柄ではないし、どちらかというと古めかしい印象だし、全体的な作画も丁寧ではないけれど。
躍動感と色気のある描線が良い。
毒をもった少女の眼ヂカラは逸品。

パレス・メイヂ1

パレス・メイヂ 1
パレス・メイヂ 1

「主人公が黒髪だよ!面白いよ!」という友達のおすすめでkindle版をぽちり。
久世番子は本屋系の漫画はほぼすべて読んでいるので、エッセイ以外の漫画は「配達赤ずきん」以来かも。

現実にはすでに消失した『明治宮殿』が消失しておらず、『パレス・メイヂ』と呼ばれている架空世界のお話。
たしかに主人公たちは黒髪だったけれど、別に黒髪じゃなくても面白かった。
陛下みたいな方大好きです。凛々しかわいい。

『パレス・メイヂ』に関する背景設定をほとんど表に出さないので、説明されていない部分は自分で空想するしかないのだけれど、参考文献が多く挙げられているようなのでしっかりした資料があっての話なのだと思われます。
(ただしその参考文献の表記は二刷かららしい。kindle版はおそらく一刷の電書化で、巻末に参考文献が掲載されていなかったのが残念。)

二巻で完結だそうなので、二巻のkindle版も楽しみ。

扉絵 by 久世番子 on pixiv

【PS3】rain

PSN配信専用タイトル「rain」を購入。
2014年6月5日には、BD版が発売されるもよう。

空き時間のあった日に、一日でクリア&トロコン。
のんびりやっても5時間あれば一周できそう。
サントラもiTunesで購入。サーカスっぽい音楽がお気に入り。
rain オリジナルサウンドトラック

もともと箱庭ゲーが好きなので、雰囲気はかなり好き。
姿が見えなくなることと、雨を組み合わせた見せ方やシステムも面白いと思う。
ただストレスに感じる演出やシステムがいくつかあったのが惜しい。
安全になった雨の世界を歩けるボーナスステージがあればなあ……。
ゲーム自体に興味があるひとは、遊んでみると良いかも。

乙女ケーキ・少年バンビ

乙女ケーキ (百合姫コミックス)
乙女ケーキ (百合姫コミックス)

タカハシマコ好きは未だ継続中。
『乙女ケーキ』は思春期百合。
『水色ノート』は男性向けロリエロ。
『少年バンビ』はひと癖ある少女漫画。
元々BL作家でBL作品も多いが、個人的にBLが苦手なので手を出していない。
しかし改めて並べてみると、引き出しの多い方だなあ…。

不思議なのは、どの作品を読んでもブレないなと感じること。
ギャグやコミカルが入るときは徹底的に明るいのだけれど、シリアスが入るときの突き放し感はかなり強い。
絵柄を見て「どんな話かな~」などと軽く読み始めた日には、はじめの数ページで崖に突き落とされるので油断ならない。
これはいったいなんなのだろう、と考えた時。
「鋭利」という表現は、まさにぴったりだと思った。

同性愛もペドフィリアも壊れた少女たちも。
甘い微笑を浮かべ、鋭利な刃物を手にし、その影にはらむ狂気を突きつける。

年季の入ったタカハシマコ好きのレビューを見つけた
まだkindle化されていない作品ももっと読みたいなあ。
そして読み手にここまで語らせる作家というのは、すごいな、と改めて思った。

ニコ 完全版

(ニコ)完全版 : 1 (アクションコミックス)
(ニコ)完全版 : 1 (アクションコミックス)

今でているタカハシマコのkindle作品は、BL以外すべて網羅したと思う。
個人的には「それは私と少女は言った」が好きなのだけれど、癖が強すぎる。
だから初めて読むというひとにタカハシマコの作品を勧めるなら、この「ニコ」かな、と思う。

表面的な物語は思春期の少年少女を描いた内容だが、分類するならSFだろうか。
少年少女の心の在り方を一刀両断し、毒を含んだ作品かと思えば、優しい視点で描かれる話もある。
いくつもの視点から描かれる『ニコ』という存在と、その背後に広がる世界。
結末に向けて集束する物語を追いかけているうちに、きっと、この作家世界に惹きこまれているだろう。

エオマイア

エオマイア : 上 (アクションコミックス)
エオマイア : 上 (アクションコミックス)

それは私と少女は言った」の、タカハシマコの過去作。
少女が主人公ではあるが、少女に特化した話ではない。
どちらかというとSF、ホラー要素のほうが色濃い。

深夜に眠い頭で読んだのを差し引いたとしても、物語が飛躍しがちで、感情移入しにくかった印象。
ただし作者の作品が持つ独特の浮世離れ感というか、厭世感は健在。
作者のほかの作品が気に入ったなら、読んでみても良いかも。

それは私と少女は言った

それは私と少女は言った
それは私と少女は言った

ある日本屋でこのタイトルを見て、「あ、読みたい」と思ったが、数分にらめっこして、結局買わなかった。
「今は買うべきではない」「たぶんそのうち、また縁がある」と思ったから。
そしてkindleでめでたく再会。迷うことなく購入した。

タカハシマコの描く少女は華奢で繊細。
ふわふわと髪がなびき、どの子も可愛らしい。
その外見と反比例するように、生々しい感情をはらんだ少女たち。
描かれるのは、サスペンスとドロドロの愛憎劇。
真実はあっけなく、納得できたかといえばそうではないのだけれど。

そう。少女たちはこういう生き物。
と、頷くには十分の作品。
この作品で、この作者がお気に入りになった。

ヘルタースケルター

ヘルタースケルター (FEEL COMICS)
ヘルタースケルター (FEEL COMICS)

「ヘルタースケルター」。
意味は、「螺旋状のすべり台」。

映画が公開されていたときにタイトルを知ったのですが、当時は特に興味もなく、そのまま忘れていました。
が、漫画が原作と知り、レビューを読んで買うことに。

全身整形で美しくなったスーパーモデルが、転落していく物語。
ひとの業をまざまざと見せつけられるようなお話でした。
そして、世の大量消費社会を風刺するような毒もこめられている。
りりこの素養は、きっと女の子の誰しもが持っている。
りりこの妹がそうだったように。
でも、彼女のように、抗って抗って、這いつくばって結末を迎える者は、そういないのだろう。

りりこの苛烈な生き方は嫌いじゃない。
魂を燃やし尽くすほどの生き方は、行く末はどうあれ、美しく見えるものだから。