いっちばん / 畠中恵

長崎屋の品比べと新たな出会いの顛末を描く『いっぷく』。
修行中の栄吉の苦難と若だんなの交友を描いた『餡子は甘いか』。
など、長崎屋の若だんなと、愛すべき妖怪たちの日常をつづる「しゃばけ」シリーズ七冊目の短編集。

毎度安定した内容で安心して読める作品。
今回はいつもの妖たちを中心に、若だんなの周辺人物にも光があてられる。
人間はもちろん妖たちにもいろいろあるようで、天狗と狐、狛犬や獅子の関係も面白い。

人物関係さえ理解できれば本作から読んでも支障はないが、登場人物が気に入ったならぜひ一作目からどうぞ。