Kindle Paperwhite

kindle paperwhite開封の儀を行いました。
家の外でネットを繋ぐことは想定していないので、Paperwhiteのwi-fiモデルです。

Amazon.co.jp
発売日:2012-11-19

以前買ったkoboがまともに使えるようにするまで数時間かかったので、kindleが電源入れて即使えることに感動。
密林アカウントで買ったら最初からアカウント登録してくれてあって速攻立ち上がった。
手間いらずでありがたい。
でも購入画面で1click設定にしてあるところはさすがです……さすがです……。

適当に触ってみましたが、本部分に関しては、まあこんなもんでしょうという感じ。
ペーパーインクに関してはkoboとkindleしか触ったことないんで詳細は割愛。
ページ読込時の白黒反転に関しては、koboよりは気にならなかった。
反転軽減設定があったので、そのおかげかも。

設定で、本の購入やブラウザの閲覧などなど、ほとんどの機能に対して制限をかけることができる。
本体の起動にもパスワードをかけられる(起動時にパスを聞かれる)。
全て個別に設定できるので、万が一どこかに置き忘れたりしても安心、かもしれない。

電子本を購入する予定はないので、パソコン上で無料DLしたものをいくつか入れてみました。
付属のUSBで繋いで、放り込めば良いだけなので超らくちん。
txt形式だとフォント・文字サイズ・余白・文字間などあれこれいじれるので便利。
ただ、縦書きはできない。
PDF形式は縦書きで読める代わりに、文字にジャギが出てしまうのが気になる。
拡大すると縦横にスクロールバーが出てしまうので、PDFにする際によほど綺麗に組んでないと読みにくいかも。
個人的には字が小さすぎると目がしんどいので、txt形式の方が便利に使えそう。

paperwhiteのブラウザは(体験版)と書いてあるだけあって使えたら良いほうという感じ。
見た感じページ内リンクが機能しないっぽい?
背景が黒いページについては、別のページに飛んでも前ページの表示跡が残ったりしている(レッドドラゴンのページとか)
ちなみにレッドラはちゃんと読めました。
音楽は無し。イラストあり。段組はなくなるので、全て左詰め。ルビあり。
PDF本より読みやすかったです。

ブラウザはがっつり閲覧には向かないですが、ネット環境さえあればウェブメールに接続できるから便利そうではある(最初からブックマークにほっとめーるやらgmailが登録してある)。
でもまあ携帯から繋いだ方がはやいっちゃー早いか……。

せっかくゲットしたので、ちょこちょこ使っていけたらなーと思います。
ちなみに、一緒に買ったオプションは下記2つ。

花の詩女 ゴティックメード

花の詩女 GOTHICMADE」を観てきました。

見始めた時は、「うわー。なんて動きの少ないアニメ……!」と、正直失敗したと思ったものですが、見終わるころには、すっかりハマっていました。
メカとかふぁちまのSEを聴くだけできゅんきゅん。
トリハロン殿下もかっこよかったです。
SEを聴くためだけにもういっかい観に行きたい。
FSSファンは観にいったら楽しいと思うのですが、物語がドストレートな分、初見のひとはちょっともの足りないかも。

音楽は90年代初頭のアニメ的な印象。
でも余分な賑やかさがそぎ落とされていて、これはこれでいいかも、と思います。
ベリンの歌はどれも清々しい。

3DSLLと、どうぶつの森

とびだせ どうぶつの森」をやるために、買ってしまいまし、た!
20121120

画面の縁がどうしても黒が良かったので銀を選んだのですが、好みの色合いでよかった。
ちょいずっしり感はありますが、どうせ外では遊ばないのでかまわんです。

ソフトはすでにDL版を購入済みなので、さっそく遊んできます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
二回連続で観てきました。

一回目直後の感想。
「エヴァは、どこへ行こうとしているんだろう……?」

二回目直後の感想。
「この 観賞後感は、テレビ版を見終わった後の感覚に似ている。
 エヴァはどうあっても、シンちゃんが自分の居場所を探す物語なんだね。」

いろいろ思うところはありますが、私は好きな出来でした。
同時上映の巨神兵もめちゃかっこよかったですよ。
パンフレットは二種類あったのを、結局二種類買ってしまいました。
グッズに手を出さなくなったから良いんだ……。

BGMは、新劇版の中でいちばん好きです。
ピアノ曲がかろやか。

次も楽しみですが、次は2015年公開、なのかな?

トクマルシューゴ ライブUST

かれこれ四年追っかけてます。
トクマルシューゴさんのライブ中継! – ほぼ日刊イトイ新聞

Pヴァイン・レコード
発売日:2012-11-07

iTunes – In Focus?

ピアニカ、アコーディオン、トランペット、リコーダー、おもちゃのピアノ、手拍子。
木琴、笛は何種類あるかわからん。
マラカス、鈴、ウクレレ。 自転車のベルの音などなど。

バンド編成でのライブでとにかく楽しかった!
相変わらずのはだし演奏で、MCは良い感じにぐだぐだでした(笑)

トクマルシューゴ入門には、こちらがおすすめですよ。

おにいさまへ…

おにいさまへ…全39話視聴完了。
全部サン・ジュストさまにもってかれたわー!!
すっかりゴージャスな世界観の虜。

パイオニアLDC
発売日:2002-08-23

キャラは黒髪マリ子さまが大好き。
こんな愛すべき黒髪めったに居ない。
後半のサン・ジュストさまがかっこ良すぎてくやしい。
黒髪じゃないのにかっこ良くてくやしい。
セリフまわしがかっこよすぎてくやしいくやしい。

端的にいえば「耽美」「百合」の物語ですが、それ以上のいろいろを内包して、この作品はできあがっています。
本放送時に内容が理解できなくて、以降も何回か見るチャンスを逃していたのだけれど、出会うべき作品はやっぱり出会うタイミングがあるのだと思う。
しみじみ、見てよかった。
漫画版は結末が違うようなので、機会があればそちらも見てみたいなあ。

緑の公衆電話が出てきたり、家電話の子機を使っていたり、タクシーをフル活用していたり。
いろいろと笑撃の連続なので、そういう点でも、おすすめです。

見終わって、ああ、ウテナの下敷きには、この作品があるのだなあと感じました。
全体にわたって、かなり影響を受けているな、と。
無国籍風な世界観、海の見える学園の風景、廊下、ウテナがバスケをやっているのも、静止画を三度引いて見せる演出も。とにかく細部にわたって色々。

「つくるひと」は、それだけいろいろなものを見ているんだなあと、しみじみ思った。
私が見ているものも、私が知らないだけで、もっと昔の作品を見ただれかが作品に織りこんで。
創作は、そうやって連綿と受け継がれるなにかでもあるのかもしれない。

万年筆

この動画を見て「万年筆ほしい!」と思い立ち、同じものを買おうとしていたのですが、万年筆って結構なお値段ですよね……。

そういえば入学祝かなにかで、万年筆もらったなあ。どこへやったかなあ。
と思いかえして発掘したものの、当然、インクは干からびていまして。
ネットで万年筆の蘇生方法をしらべて、十年ぶりくらいにお手入れ。
ぬるま湯に一晩ほど漬けて、水洗いすればOK(お手入れ方法は万年筆の形によって違うので、ご注意を)。
20121106a
20121106

やっと注文していたインクが届いたので復活。
インクの色は「フロリダブルー」といいます。
20121111

昔使っていたときは、インクの出が悪かったり、かすれてしまったりして、使いにくさに辟易してしまいこんでしまったのを思い出しました。
いまは、そんなことないです。
書けば書くほど滑らかな書きごこち。
インクも八本セットでたくさんあるので、ガンガン使おうと思います。