ペーパーウエイト アイ

ペーパーウエイト アイ 1 (コミックフラッパー)
ペーパーウエイト アイ 1 (コミックフラッパー)

ペーパーウエイト アイ 2 (コミックフラッパー)
ペーパーウエイト アイ 2 (コミックフラッパー)

沼、暗闇、夜の森」が気に入ったので、同じ漫画家の作品。
ただし原作が別の方なので、物語の印象はまったく別。
2巻で完結のため後半かなりの急展開で話が進み、登場人物の心情もブレまくりの印象。
キャラクターが魅力的なだけに、個々の主張が二転三転するのはいただけない。
欲を言えばもう一巻増やし、もっと心理描写を掘りさげて欲しかった。
それでもどんどん読ませる勢いがあるのは、やはりこの方のイラストのもつ華やかさにあるような気がする。

「人形が自分の意志で動く」というのは、創作をする人なら一度は考えたことのある世界観だと思う。
手ずから生みだしたものが自らの意志で動き、語るとき。
向けられるのは感謝の言葉か、憎悪の呪いか。
はたして。

もう卵は殺さない

もう卵は殺さない (マーガレットコミックスDIGITAL)
もう卵は殺さない (マーガレットコミックスDIGITAL)

タイトルと表紙の絵柄で購入。
ファンタジーやSF的な要素も含んだ少女漫画で、いろんな傾向の作品が一気に読めるのは良いかも。
白泉社で描いていても相性が良さそう。
でもどちらかというと少女漫画成分が強いので、やっぱりマーガレットなのかなあ。

表題作の『もう卵は殺さない』は、ものすごいどろどろの愛憎漫画かなにかと思ったら、そんなことはなく。
創作をする人と、生みだした物語の主人公それぞれの側面を描いたおはなしでした。
「自分のための創作」と「売るための商業作品」の葛藤みたいな要素を多分に含んでいて、創作をしているひとなら共感しやすいかも。

kindle本的な評価では、『移動』機能が設定されていなかったのが残念。
短編集なので、タイトルごとに一気に飛べるようにしておいて欲しかった。
後日にでもアップデートされると良いのだけど。

沼、暗闇、夜の森

沼、暗闇、夜の森 (百合姫コミックス)
沼、暗闇、夜の森 (百合姫コミックス)

少し前から、自分の感性に合う『百合』を探している。
しかし最初から両想いとか、幸せが約束されているような作品はどうも、好きではなく。
自分の期待する水準の作品というのは、そう多くない。

その点、この方の作品集は毒や棘も多分に含んでおり、今までに読んだなかでも特に自分好みだった。
「沼、暗闇、夜の森」に収録されている『魔少女』がお気に入り。
『下着通り』は、タイトル通り下着で通らなければならない道を通ろうとする百合カップルの話で、バカバカしいやりとりが面白い。
「パイを~」収録の作品も粒ぞろいだけれど、個人的には『スワコさんと宇宙旅行』のスワコさんという存在がとても印象的だった。

あと、この方の絵柄が凄くすき。
決して流行りの絵柄ではないし、どちらかというと古めかしい印象だし、全体的な作画も丁寧ではないけれど。
躍動感と色気のある描線が良い。
毒をもった少女の眼ヂカラは逸品。

パレス・メイヂ1

パレス・メイヂ 1
パレス・メイヂ 1

「主人公が黒髪だよ!面白いよ!」という友達のおすすめでkindle版をぽちり。
久世番子は本屋系の漫画はほぼすべて読んでいるので、エッセイ以外の漫画は「配達赤ずきん」以来かも。

現実にはすでに消失した『明治宮殿』が消失しておらず、『パレス・メイヂ』と呼ばれている架空世界のお話。
たしかに主人公たちは黒髪だったけれど、別に黒髪じゃなくても面白かった。
陛下みたいな方大好きです。凛々しかわいい。

『パレス・メイヂ』に関する背景設定をほとんど表に出さないので、説明されていない部分は自分で空想するしかないのだけれど、参考文献が多く挙げられているようなのでしっかりした資料があっての話なのだと思われます。
(ただしその参考文献の表記は二刷かららしい。kindle版はおそらく一刷の電書化で、巻末に参考文献が掲載されていなかったのが残念。)

二巻で完結だそうなので、二巻のkindle版も楽しみ。

扉絵 by 久世番子 on pixiv