沼、暗闇、夜の森

沼、暗闇、夜の森 (百合姫コミックス)
沼、暗闇、夜の森 (百合姫コミックス)

少し前から、自分の感性に合う『百合』を探している。
しかし最初から両想いとか、幸せが約束されているような作品はどうも、好きではなく。
自分の期待する水準の作品というのは、そう多くない。

その点、この方の作品集は毒や棘も多分に含んでおり、今までに読んだなかでも特に自分好みだった。
「沼、暗闇、夜の森」に収録されている『魔少女』がお気に入り。
『下着通り』は、タイトル通り下着で通らなければならない道を通ろうとする百合カップルの話で、バカバカしいやりとりが面白い。
「パイを~」収録の作品も粒ぞろいだけれど、個人的には『スワコさんと宇宙旅行』のスワコさんという存在がとても印象的だった。

あと、この方の絵柄が凄くすき。
決して流行りの絵柄ではないし、どちらかというと古めかしい印象だし、全体的な作画も丁寧ではないけれど。
躍動感と色気のある描線が良い。
毒をもった少女の眼ヂカラは逸品。

乙女ケーキ・少年バンビ

乙女ケーキ (百合姫コミックス)
乙女ケーキ (百合姫コミックス)

タカハシマコ好きは未だ継続中。
『乙女ケーキ』は思春期百合。
『水色ノート』は男性向けロリエロ。
『少年バンビ』はひと癖ある少女漫画。
元々BL作家でBL作品も多いが、個人的にBLが苦手なので手を出していない。
しかし改めて並べてみると、引き出しの多い方だなあ…。

不思議なのは、どの作品を読んでもブレないなと感じること。
ギャグやコミカルが入るときは徹底的に明るいのだけれど、シリアスが入るときの突き放し感はかなり強い。
絵柄を見て「どんな話かな~」などと軽く読み始めた日には、はじめの数ページで崖に突き落とされるので油断ならない。
これはいったいなんなのだろう、と考えた時。
「鋭利」という表現は、まさにぴったりだと思った。

同性愛もペドフィリアも壊れた少女たちも。
甘い微笑を浮かべ、鋭利な刃物を手にし、その影にはらむ狂気を突きつける。

年季の入ったタカハシマコ好きのレビューを見つけた
まだkindle化されていない作品ももっと読みたいなあ。
そして読み手にここまで語らせる作家というのは、すごいな、と改めて思った。