イバラード 星をかった日

画集は、先日見に行った井上直久さんの原画展で購入したもの。
サインを入れていただきました。
めげゾウのかわいいイラスト入り。だいじにします。
作品は、『多層海』という風景を描いた作品が大変気にいりました。
『イバラード』、これから、ちょくちょく覗きにいこう。

パンフレットは、『三鷹の森 ジブリ美術館』で上映されていた短編アニメーションのもの。
原作が、井上直久さんなのです。
実際に見たことがないので、見てみたいのですが……しばらく上映はなさそうです。
映像展示室 土星座
星をかった日

ファイブスター物語

先日「花の詩女 GOTHICMADE」を観たので、その後に購入。

物語はソープとラキシス中心。
その分、MH戦は動きがややイマイチで、もの足りない感じ。
とはいえ、ファティマ三姉妹とアマテラスの美しさが印象的でした。
二十三年前の作品なので全体のつくりや絵柄はどうしても古くなりますが、それを踏まえても、今でも十分鑑賞に足るのでは、と思います。

これからFSSを読み始めようという方がいるなら、映画から入っても良いかも。
GTMのソフト化も、ぜひにお願いしたいところ。

花の詩女 ゴティックメード

花の詩女 GOTHICMADE」を観てきました。

見始めた時は、「うわー。なんて動きの少ないアニメ……!」と、正直失敗したと思ったものですが、見終わるころには、すっかりハマっていました。
メカとかふぁちまのSEを聴くだけできゅんきゅん。
トリハロン殿下もかっこよかったです。
SEを聴くためだけにもういっかい観に行きたい。
FSSファンは観にいったら楽しいと思うのですが、物語がドストレートな分、初見のひとはちょっともの足りないかも。

音楽は90年代初頭のアニメ的な印象。
でも余分な賑やかさがそぎ落とされていて、これはこれでいいかも、と思います。
ベリンの歌はどれも清々しい。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
二回連続で観てきました。

一回目直後の感想。
「エヴァは、どこへ行こうとしているんだろう……?」

二回目直後の感想。
「この 観賞後感は、テレビ版を見終わった後の感覚に似ている。
 エヴァはどうあっても、シンちゃんが自分の居場所を探す物語なんだね。」

いろいろ思うところはありますが、私は好きな出来でした。
同時上映の巨神兵もめちゃかっこよかったですよ。
パンフレットは二種類あったのを、結局二種類買ってしまいました。
グッズに手を出さなくなったから良いんだ……。

BGMは、新劇版の中でいちばん好きです。
ピアノ曲がかろやか。

次も楽しみですが、次は2015年公開、なのかな?